太陽光パネルの設置

0

    関口です(^^)




    毎日暑いですね。

    今日は、全国的にこの夏一番の暑さを記録しそうです。

    そんな中、Oさま邸では、太陽光パネルの設置工事をしています。





    10分作業して20分休憩の繰り返し。

    材料を素手で触ることすらできないほどの暑さ(^^;)

    昨日からかかったこの作業も、今日でなんとか終わりそうです。





    雨仕舞いのポイント

    0

      関口です(^^)

       

      新築のマイホームで雨漏りは嫌ですよね。

       

      近頃は環境問題のこともあり、高気密高断熱の省エネ住宅が一般的になってきましたが、

      省エネ住宅は、特に雨漏りが分かりにくい構造になっていて、

      気づいた時には大惨事になっていた!なんてことになりかねません。

       

      省エネ住宅を推している工務店を選ぶ時には、

      雨仕舞いにどれだけこだわっているかというのが一つのポイントになります。

      (あれ?以前にも同じような記事を書いたような気がする、、、

      けど、大事なことなので気にしない(^^))

       

      ちなみに「雨仕舞」は、家の中に雨水が侵入しないように

      防水などの処置をすることを言います↓↓↓

       

      具体的なポイントは、企業秘密なので書きませんが、

      重装備になりがちな雨仕舞いの納まりをいかにスマートに納めるか!

      というところがポイントでしょうか?

       

      下準備の大切さを感じますね。

       


      屋根ルーフィング張り

      0

        屋根のルーフィング張り。

         

         

         

        今回の屋根材は、ガルバニウム鋼板立平葺き。

        屋根勾配はお客さまのご要望と外壁の納まりの都合で“1寸”と、かなりの緩勾配。

        屋根勾配の詳しい説明はまたの機会にしますが、

        数字が小さいほど勾配が緩く、普通の瓦葺き屋根でだいたい4〜5寸勾配です。

         

        仕上げの屋根材によって、できる勾配が決まってて、ガルバニウム鋼板の立平葺きとか瓦棒葺きとか折板葺きであれば緩い屋根勾配にすることが可能です。

         

        とはいえ、屋根勾配は緩ければ緩いほど雨漏りの危険性が高まります。

        デザイン的にはカッコいいですけどね。

         

        で、こんな場合は少しでも雨仕舞いを良くしようと、普段はステープル(ホッチキスのこと)で留め付けているルーフィング(屋根の防水用の下張り)をのり張りのものを使います。

         

         

        これがなかなか大変でして(^^;

        ステープル留めであれば、一人でできる作業が、のり張りの場合は2〜3人必要になります。

         

        でも、これでステープルの穴を気にせずいけるので安心です。

         

        ルーフィング張りのときには、その他にも、外壁の下地に張る透湿防水シートと防水層が連続するように、透湿防水シートをルーフィングの下にすけ込んだり、細かなところに気をつけた納まりにしてます。

        雨漏りさせたくないですからね(^^)

         

         

         

        何事も下地が丁寧にしっかりできてれば、仕上げも上手く納まります。

         

         

        ↓記事に関するお問い合わせはこちらまで↓

        http://sekiguchi-k.jp/form

         

        ↓お電話でのお問い合わせはこちらまで↓

        関口建設(株)

        088-623-5113

        営業時間:8:00〜17:00

        定休日:日曜日・祝日

         

        ↓関口建設へのアクセスはこちら↓

        https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%96%A2%E5%8F%A3%E5%BB%BA%E8%A8%AD%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89/@34.067907,134.5698233,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x35536d13bb4702b1:0x226ead4f3f46128b!8m2!3d34.067907!4d134.572012?hl=ja&authuser=0

         

        ↓関口建設ホームページ↓

        http://sekiguchi-k.jp/

         

        ↓見学会などのイベント情報はこちら↓

        http://blog.sekiguchi-k.jp/


        雨漏り修理

        0

          今年の台風で雨漏りしたと相談を受け、修理してきました。

          屋根に上がって見てみると、屋根の一番頂点の棟部分の面戸(瓦同士の隙間)の漆喰がボロボロになってました。

           

          まだ10年も経っていないのに、

          風当たりがひどいのか、元の施工が悪いのか、、、

           

          今回は、漆喰を使う湿式工法ではなく、防水シートを使う乾式工法で施工しました。

           

          1日で完了しました。


          瓦の撤去 I様邸 古民家修繕工事

          0

            雨漏りの修理

            雨漏りが原因で、野地板という屋根の下地の板と垂木という骨組みが腐ってしまっていたので、瓦をめくって、野地板と垂木を直します。

            古民家で造りが古いため、直すのも一苦労です。

            雨漏りは、瓦が割れていたことが原因でした。


            1

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << October 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM