省令準耐火仕様 Oさま邸

0

    関口です(^^)

     

    Oさま邸の工事が進んでいます。

     

    Oさま邸は、省令準耐火仕様となっています。

    省令準耐火仕様にすることで何が変わるかというと・・・

    火災保険料が約半額になります。

     

    一般的な木造住宅の火災保険で、

    年間でおおよそ10万円(広さや構造によって変わります)ほどかかるので、

    その半額となると結構な金額になります。

     

    単純に半額になったとして、年間5万円お得。

    20年で100万円くらい変わってくるので、

    省令準耐火仕様にグレードアップしても十分元は取れることと思います。

     

    ただし、省令準耐火の基準をクリアするためにはハードルがかなり高く、

    もしも火災が発生した時に、施工不良が発覚して、最悪の場合保険金が下りない・・・

    なんてことも考えられます。

     

    また、省令準耐火は、公的機関の検査を受ける必要もなく、

    建築士の責任の元、省令準耐火建築物であることを証明するようになるので、

    自社チェックが厳しいところでないとなかなか難しい仕様となります。

     

    ↓屋内の外壁面の石膏ボードは、上まで貼り上げます。

    また、石膏ボードの留め付けビスの長さや間隔も変わってきます。

     

    ↓外壁の下地には、高さ3mごとにファイヤーストップを設けます。

     

    ↓設備の配管なども省令準耐火仕様になっています。

     

    他にも、ここではあげきれないほど省令準耐火仕様と一般仕様とは違いがあります。

     

    省令準耐火仕様に興味のある方は、いつでも関口までお問い合わせくださいね。

     

     


    意見が分かれるのは何故?

    0

      スタッフNです。

       

      家を計画する際に大小いろんな収納を設けますよね?

       

      その中でもウォークインクローゼットのように

      部屋的収納を設ける場合が多くなってきました。

       

      その際必ず意見が分かれるのは、

      窓を設けるか、設けないか。

       

      ちなみにもうすぐお引渡しのG邸は・・・

       

      シューズクロークに窓(換気扇もあります)

       

      ウォークインクローゼットに窓

       

      リネン室(布団部屋)に窓(換気扇もついています)

      部屋的収納には全て窓をつけました。

       

      打合せをしていると、不思議なほど

       男子→窓をつけない

       女子→窓をつける

      に意見が分かれます。なぜだろう?

       

      男子は、収納しているものが陽に灼けたり、

      逆に湿気を呼ぶなどの観点から

      収納に窓は不要という意見になるようです。

       

      女子は、掃除の際や収納物を出し入れする時に窓を開けたり、

      天気のいい日には窓を開けて、空気の入れ換えをする方が気持ちいい

      等の理由で窓が必要となるようです。

       

      「換気するなら換気扇でええんちゃうん」という男子に対して

      「自然の空気の方がええんよ」という女子。

       

      窓があると、電気を付けなくても

      日中は窓の明かりで事が済むということもありますが・・・

       

      ちなみに我が社も男子と女子で意見が分かれています。

      なので、どちらが正解かということではなく、

      夫婦、どちらの意見を採用するか、相談の上で決めています。

       

      設計的には、

      通風を確保したい時には必ず設けます。

      ウォークインクローゼットの北窓と寝室の南窓を開ければ

      通風できて、家の換気ができるというわけです。


      ランドリールーム

      0

        スタッフNです。

         

        シューズクロークに続いて

        G邸のこだわりをご紹介します。

         

        どの家庭でも、洗濯にまつわるお悩みはつきません。

        G邸はプランニング当初から

        室内干しのできるランドリールームをご希望されていました。

         

        勝手口を出たところが物干し場となっているので、

        天気のいい日は、外で干せます。

        天候不良や夜、湿度の高い日は、ランドリールームが活躍します!

        G様は普段から除湿器を利用されているそうで

        浴室の洗濯乾燥機は付けない選択をされました。

         

        除湿器なしの時もあるはずなので、風の通りも考えて2方向窓で計画しています。

        ※勝手口ドアは、鍵を閉めたままでガラス部分が上下する通風ドア。

         

        懐かしい感じの木製の竿掛けですが、

        洗濯物の量や種類によって、

        竿を掛ける位置をその時々で変えられるようにしたので便利だと思います。

         

        靴や雑巾などを洗える流しと、取り込んだ洗濯物を畳めるカウンターも配置。

        除湿器用にコンセントを設けましたが、もちろんアイロンがけにも使えます。

         

        流しの手前に洗濯機置き場。

        洗濯機の前には洗剤などを置ける棚を設けました。

        ストック類は別に置き場を設けているので、普段使いはこれで充分。

         

        丈の短い洗濯物も干せるような金物も取付けました。

        足りない時に出す折り畳める金物を使いました。

        これだけあれば、たくさん干せそうですね〜!

         

        ちなみに、子どもたちが部活などで汚れて帰ってきたら、

        この勝手口からランドリールームを経由してまっすぐ浴室へ直行でき、

        汚れた服をここで脱げば、室内が汚れずに済む動線計画となってます!

         

         

         

         

         


        地鎮祭のこだわり

        0

          関口です(^^)

           

          昨日は、朝から地鎮祭でした。

           

          普段はテントを張って地鎮祭をしますが、

          昨日は天気も良く暑くもなく寒くもない最高のコンディションだったので、

          テントを張らずに行いました。

           

           

          実は私、祖父が神主でして・・・

          お客さまにとっては少々面倒なことになって申し訳ないのですが、

          祭事にはちょっとこだわりがあります。

           

          最近、スマホが普及して、いつでもどこでも写真が撮れるようになりました。

          そして、SNS等で地鎮祭で今まさに御祈祷いただいてます!

          というところを写真を撮ってアップしている方が結構いらっしゃいます。

           

          一生に一度のことなので写真に収めたい気持ちも分かりますが、

          私としては是非ここはお祈りに専念していただきたい!

           

          家づくりというものは、一生に一度建てられるかどうかという大事業です。

          また、お客さまは、家が建ってから一生そこに住むわけです。

           

          工事期間中の安全祈願はもとより、

          自分たち家族が末長く安心して暮らせるよう願って、

          しっかりとお祈りするのが地鎮祭です。

           

          記念写真は、地鎮祭が終わってからたくさん撮らせていただきます。

          ご家族が末長く幸せに暮らせるように願って、

          地鎮祭の時はしっかりとお祈りしてくださいね。

           

           

          いろんなポーズでたくさん撮ります!

          いくらでも撮り放題ですよ!

           


          シューズクローク

          0

            スタッフNです。

             

            只今外構中。完成間近のG邸に行ってきました。

             

            G邸のこだわり部分をちょこっと紹介しようと思います。

            今回はシューズクロークです。

             

            玄関に入るとこんな感じ↓

            画像右手のアーチ壁の向こう側が、シューズクロークになっています。

             

            おぉ!! 床から天井まで、大容量の収納棚!

            高さを自由に変えられるので、靴以外のモノもいろいろ置けますね。

            棚が足りなくなったら、増やすことも可能。

             

            アーチ壁は2ヶ所あり↓こちらは玄関ホールに接続されています。

            コート掛けも併設。便利〜。

             

            シューズクロークから出入りできるようになっているので

            玄関に靴があふれることなく美しく保てます。(保って下さい笑)

             

            お客さまの気になるところは、収納量だったり、便利さだったりしがちですが、

            私としては湿気や防臭にも効果的な無垢板張りに注目して欲しいところです。

             

            なおかつ、梅雨時期など気になる時には換気ができるよう換気扇も設置。

            何て至れり尽くせり。

             

            この日、器具の取付に来ていた電気屋さんから

            「このシューズクロークええよな〜。わいもこんなん欲しいわ〜。」

            とお言葉を頂き、「でしょ?でしょ?」となりました。

             

             

             

             

             


            カーテンの選び方

            0

              関口です(^^)

               

              G様邸もお引き渡しまで残すところ後少し。

               

              今日は、ご家族全員でワイワイガヤガヤ、

              カーテンの生地を決めました。

               

              めっちゃ真剣に選ぶ息子さんがほほえましい。

               

              カーテンの生地を決める時には、

              実物の生地を取り寄せて、現場で合わせて決めていきます。

               

              カーテンのカタログには、5センチ角ほどの大きさの生地が並べられていますが、

              それでは柄の全体像が分からないだけでなく、柄と柄の間隔も分かりません。

               

              また、現場で実際に仕上がった壁や窓に当ててみることで、

              色合いやデザインがその部屋に合うかどうか確認できます。

               

              ただし、

              現場でサンプルを当ててカーテンを決めるためには、

              ある程度余裕を持った工程を組む必要があります。

               

              カーテンで、お家のイメージが大きく変わります。

              そう頻繁にお家の模様替えをできるものでもないので、

              少しゆとりのあるスケジュールで家づくりを進める方がおすすめです。

               

              その方が、あれやこれやと決める楽しみも増えますし、

              何より後悔することも少なくなりますね。

               

               

               


              住宅設備機器類の流通が復旧するようです。

              0

                関口です(^^)

                 

                お客さまとTOTOのショールームに行ってきました。

                 

                 

                新型コロナウィルスの影響で、

                ショールームのご案内は全てマスク着用で行うようになりました。

                 

                危機回避するには、こういった対策が必要だと思います。

                過剰にならないよう、各々が意識を高く持つことが大切ですね。

                 

                マスクをつけると少々説明が聞き取りづらくなりますが、

                しばらくの間お許しください。

                 

                新型コロナウィルスの影響は他にも出ていて、

                住宅設備機器類の流通が2月ごろからストップしていましたが、

                来週あたりから徐々に復旧していく予定です。

                 

                この調子で、明るい話題が増えていくといいですね。

                 

                 


                完成間近!

                0

                  スタッフNです。

                   

                  G邸を見に行ってきました。

                   

                  左官屋さんが内部の珪藻土を塗っていたので、外からの見学です。

                  足場払いも終えて、もうすぐ完成。

                   

                  丸い瓦↓じぃ〜っと見ていると何だかおいしそうに見えてくる(笑)

                  デザインの形状からS形瓦と呼ばれています。

                  かわいいですよね!

                  G様のイメージ通りの家になったかな〜!?・・・なってると思います。

                   

                  工事もここまでくると「早く住みたい!」と思うのが建て主様の心情ですね!

                   

                  たくさんの職人さんや業者さんが関わって、

                  お客様の想いをゼロから平面(2次元)に→平面から立体(3次元)に仕上げていく家。

                   

                  私たち創る側も、早く完成した姿が見たいです!

                  (大切に育てたヒナの巣立ちを見守る感じ?かな!?)

                   

                  甘々になりすぎずに、ナチュラルかわいく仕上がる予定!

                  楽しみです!

                   

                   


                  家づくりで初めにすること

                  0

                    お客さまからの依頼で、土地の調査に行ってきました。

                     

                     

                    家が欲しい‼

                    そう思った時、あなたはまず何をされますか?

                     

                    土地がない方の場合、

                    まず土地を買うためにほとんどの方が不動産屋さんに行かれると思います。

                     

                    しかし、忘れないでください。

                    なぜ土地を買うのかを。

                     

                    家が欲しい!

                    だから土地を買うのです。

                     

                    家は、土地の大きさ、形、所在地等によって建てられる家建てられない家があります。

                    それは、建築基準法という法律で決められているからです。

                     

                    建築基準法を司る資格は、

                    建築士(一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類あります。)です。

                     

                    家が欲しい!

                    という目的があるならば、まず最初に建築士がいる工務店に相談するべきです。

                    その中でも、もし可能ならば、一級建築士に相談できればいいですね。

                     


                    仲介物件の売買契約

                    0

                      関口建設と設計契約いただいている,

                      お客さまの土地の売買契約に立ち会いしてきました。

                       

                      今回は、仲介物件です。

                      売主さんと買主さん双方が出席のもと、

                      仲介する不動産屋さんの担当の宅地建物取引士さんが重要事項説明書と契約書の読み合わせをして、

                      書類に署名捺印し、契約成立しました

                       

                       

                      今回、初めてお世話になった不動産屋さんでしたが、

                      担当(写真一番奥)の方が、最初の土地の問い合わせの段階から

                      対応がスムーズ&丁寧でとても良かったです。

                       

                      いよいよ設計作業にかかります。

                       

                      #兵庫県N様邸



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM