ブルーシートでの雨漏り養生のポイント

0




    台風19号が近づいて来ています。

    進路予測の範囲内の方は、くれぐれもご注意ください。




    今回は、繰り返し来る台風に備えるための屋根の応急処置について書きます。


    自然相手のことですので、この方法で完璧!という訳ではないですが、ベターであることは間違いありません。


    また、台風15号の被害を受けた千葉県の画像など、ニュースでよく目にしますが、ほとんどの家でこの方法が取られていないため、今回の19号の影響が心配でなりません。


    この方法は、Google検索(10月11日現在)してもほぼ出てこないので、プロでも知らない(正確には、知ってはいるが気づいていないだけです。)のかもしれません。この方法が、できるだけ多くの方に役立つようにこの情報を拡散していただけると幸いです。




    台風などで屋根瓦が飛んだり、雨漏りしたりしている場合の応急処置として、ほとんどがブルーシートで覆って養生します。


    今回は、その留め方にひと工夫加えます。

    そうすることで、繰り返し強風に煽られても持ちこたえることができるようになります。




    通常の屋根養生は、ブルーシートの四辺に土嚢をひもやロープを用いてくくり付け、さらにブルーシートの上を土嚢で押さえていきます。(安全対策や基本的な養生方法については、ネット検索すればいくらでも出てくるので、ここでは説明を省きます。)




    ここにひと工夫。

    ブルーシートの四辺にくくり付けるひもやロープの代わりにゴムバンドを使います。


    たったこれだけのことです。




    ブルーシートの四辺には、ハトメというひもやロープを通すことができる金具が付いています。

    ブルーシートで屋根養生をする場合、このハトメに土嚢をくくり付けることで、風が吹いてもブルーシートがズレないようにしています。


    しかし、強風時にはブルーシートが煽られて土嚢ごと引きずられます。(ブルーシートの上に重しの土嚢を置きますが、それでも強風時には引きずられます。また、重しの土嚢が多ければ多いほど良いでしょうけど、体力的な問題もあります。)

    これを防ごうと、ハトメにくくり付ける土嚢を重くするとします。すると今度は、ハトメが壊れるか、ロープが切れてしまうかどちらかになります。


    ロープの代わりゴムバンドを用いると、このようなことにはなりにくく、ゴムなので繰り返し煽られても心配ありません。


    また、ゴムバンドは1本使いよりも2本使いの方がより安心できます。

    輪っか状にしたゴムバンドをハトメに通して団子結びにし、裁縫の縫始めの玉結びの要領で留めます。ハトメが小さいので、これで十分留まります。




    この方法であれば、通常時であれば↓このような養生も可能です。



    ※台風の時は一発で飛びます。


    まさか、屋根養生でブログ記事を書くとも思っていなかったので↑このくらいしか写真がありません(^^;)




    他に、みなさんが日常的によく見るのが↓これだと思います。



    トラックのシートをゴムバンドで留めているところ見たことありませんか?

    これ、高速道路でも全くびくともしません。


    おそらく、これを読んでくれている建築業界の人は↑これを見て、

    「あ! そうだった!!」

    と思われているはずです(^^)




    ちなみに、ゴムバンドの購入ですが、

    実は、、、

    だいたいのホームセンターは、ブルーシートの近くに置いています。

    (ここでいうゴムバンドとは、タイヤチューブを2センチほどの幅にカットしたバンド状のものです。)




    最後に、今回の記事を書くにあたって、ネット上で同じようなことが書いていないか調べていたときに気になったことを補足します。


    ブルーシートの重しは、全て砂にしてください。


    重しの代わりに、土嚢袋に砂以外のもの(瓦など)を入れて重しにすることができるように書いている記事がありますが、それは通常時のことであって、台風などの強風時には二次被害を起こしかねません。

    台風の時は瓦くらいは簡単に飛んでしまいます。

    強風に煽られて他の瓦を割ったり、どこかに飛んでいって歩行者に当たったり、、、


    必ず重しの中身は“砂”でお願いします!!




    それではみなさま、ご安全に!!




    ↓記事に関するお問い合わせはこちらまで↓

    http://sekiguchi-k.jp/form

     

    ↓お電話でのお問い合わせはこちらまで↓

    関口建設(株)

    088-623-5113

    営業時間:8:00〜17:00

    定休日:日曜日・祝日

     

    ↓関口建設へのアクセスはこちら↓

    https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%96%A2%E5%8F%A3%E5%BB%BA%E8%A8%AD%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89/@34.067907,134.5698233,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x35536d13bb4702b1:0x226ead4f3f46128b!8m2!3d34.067907!4d134.572012?hl=ja&authuser=0

     

    ↓関口建設ホームページ↓

    http://sekiguchi-k.jp/

     

    ↓次回勉強会は、11月23日(土祝)です。イベント情報はこちら↓

    http://blog.sekiguchi-k.jp/

     




    家を建てる賢いタイミングってありますか?

    0

      Q

      家を建てる賢いタイミングってありますか?

      また、人によってそのタイミングは違いますか?

       

      A

      結論から言うと、家を建てる賢いタイミングはあります。そして、それは人によって違います。

      人それぞれ違いがありますが、今回は一つ代表的なパターンとして“現在は賃貸マンションに住んでいて、土地を買って家を建てようとしている人”で考えてみます。

      分かりやすくするために、今すぐ建てる場合と3年後に建てる場合を簡単な表を使って比較してみましょう。

      現在のお家賃が駐車場も合わせて毎月8万円、土地と建物で3000万円の予算、35年返済と仮定します。

      ポイントは細々言うとたくさんあるのですが、ここでは2つだけ説明します。

      • 現在、住宅ローンの金利が上昇傾向にある。全期間固定金利のフラット35を例にあげると、10年ほど前は3%台で推移していた金利も徐々に低下していき、平成28年8月の0.9%をピークに一転、上昇傾向に転じました。現在の金利は1.34%です。今後も金利は上がっていく可能性があります。
      • マンションなどの賃貸物件にお住まいの方は、毎月家賃を支払っており、それが掛け捨てになっている。今すぐ家づくりに取り掛かるかたでも、プランや設計作業を経て実際住み始めるまでの約1年間は家賃を支払わなければいけません。3年後からの方は4年分。この金額が大きいので、仮に金利が今のままであったとしても、この家賃として支払った分がまるまる無駄な出費になってしまいます。

      表をご覧ください。この3年で、たった1%金利が上がったとしたら、なんと850万円もの差が出てしまいます。そして、月々の返済金額も1万円くらい変わってきてしまうのです。

      結論。あなたが毎月無理なく住宅ローンを返済できるなら、頭金はなくてもいいのでなるべく早く家づくりに取り掛かった方がお得です。

       


      1

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM