杉材で本棚づくり

0

    内装の造作に使う杉の板材を、

    那賀川町にある製材所まで引き取りに行ってきました。

     

     

     

    関口建設で使っている杉材は、主に那賀川流域で取れるものです。

     

    現在は、徳島県内で取れる杉材は、「徳島すぎ」というブランド名で統一されてしまいましたが、

    一昔前までは、那賀川流域で伐採される杉材は「木頭杉」としてブランド確立されていました。

     

    ここの杉は、他所の杉と比べ赤身が多いことで知られています。

     

    杉の赤身は、シロアリに強く腐りにくい性質があるので、柱などの構造材に適していますが、

    今回は、さわり心地の柔らかさを活かして内装用の造作材として使う分を仕入れてきました。

     

    杉板を使って、↓このような本棚も作ることができます。

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM