型枠工事 N様邸新築工事

0

    緑色の塗装コンパネから突き出している棒状の金物をセパレーターと言います。(業界ではセパと言ってます。)

    セパは、型枠にコンクリートを流し込んだときに型崩れしないようにするためのものです。

     

    セパの両端にはお皿みたいなのが付いてますが、写真の手前のは両端とも鉄、奥側のは片側白いプラスチックでもう片側は鉄になってます。

    コンクリート打ち放しの場合、最終的に仕上げ表面にセパは見えないようになりますが、サビが出てくる恐れがあるためプラスチックのものを使います。

    今回は、型枠大工さんが間違えて両端とも鉄のセパを付けていたので、全て交換してもらいました。

     

    セパの跡は、こんな風に仕上がります。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM