コンクリートの検査

0

    関口です(^^)

     

    Oさま邸(国府町)の基礎のコンクリート打設に先立ち、

    建て主さまのご要望によりコンクリートの検査を行いました。 

     

     

    コンクリートは、建築史的にも非常に古くからある建材。

    その一方で、中でも1・2を争うくらい奥が深い分野です。

     

    ひび割れしないコンクリートを開発できたら、ノーベル賞をもらえるとかもらえないとか・・・

     

     

     

    今回の検査内容は以下の4つです。

     

    .好薀鵐彁邯

    空気量測定

    C碓命緡婿邯

    け化物イオン濃度測定

     

     

    コンクリートは、主に

     

     水

     セメント

     砂

     石

     

    上記4つのモノで構成されていますが、

    絶妙なバランスで微妙に検査結果が変わります。

    (厳密に言うと添加剤もありますが、基本的には上記4つ)

     

     

    コンクリート検査の中でもスランプ試験が一番大事です。

     

    スランプ試験は、柔らかさを測るのが主な役割ですが、

    実は、一番見ないといけないのはその崩れた時の形です。

     

    どんなに柔らかいコンクリートでも、適切な配合で練られているコンクリートは、

    スランプ試験の時に真ん中に平たい部分が残ります。

     

    なぜでしょう?

    ほんと不思議ですね(゚ω゚)

     

    各種試験の内容はネット上で検索してみてくださいね

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM