企画その2

0

    肩こりが激しいスタッフAです。

     

    先日から社長とプランの検討をしているG邸ですが・・・

     

    越し屋根(こしやね)の感じや、屋根の勾配など、

    全体のボリュームと既存の建物とのバランスを見たい!!

     

    ということで、図面を3Dに起こすことになりました。

     

    これはパソコン作業で、図面を起こして3Dで見たもの↓

    ちなみに越し屋根とは・・・

    親亀の背中に子亀が乗ったような(笑)形の屋根で

    大棟の上に設けた小さい屋根の形状を言います。

     

    採光や通風を目的とした機能的な屋根です。

     

    そして・・・

    パソコンで作業したデータをウォークスルーデータで保存し、

    ipadに移します。

     

    指でぐるんぐるんすると、UPしたり回ったり、あらゆる角度から

    簡単に見られるようになります。

    今回はボリュームチェックのための作業なので、白モデルです。

    3寸、4寸、5寸と勾配違いのモデルを作成しました。

     

    窓や室内のレイアウト、外壁や屋根の素材感などの情報を入れるケースもあります。

     

    当然、詳しく入力すればするほど作成時間はかかってしまいますが・・・(笑)

    物件によって、こういった3D作成を行ったりします。

     

    私としては、アナログ的に模型を作りたいなぁと思うことがありますが

    データ作業が今の時代に合っているということでしょうか。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM