地盤改良工事の種類

0

     

     

     

    木造住宅の地盤改良をする場合、

    徳島で採用される工法は主に2つで、

     

    (1)湿式柱状改良

    (2)砕石パイル

     

    がほとんどです。

     

     

     

    工法の詳しい説明は、ネット上にたくさんあるのでここでは省くとして、

    今回は湿式柱状改良で地盤改良工事を行いました。

     

     

     

     

     

     

    写真の杭頭の深さが深いところは、建物の外周部分と2階の外壁がのる部分で基礎の深さが深いところ、

    杭頭が浅いところは、ベタ基礎の中の立ち上がり部分で間仕切り壁がのる部分です。

     

     

     

    今回お客さまが湿式柱状改良を選んだ理由は、

    この2つの工法のメリット・デメリットを比べた結果でした。

     

     

     

    湿式柱状改良のメリット

    工法が確立されていて安心

     

     

     

     

     

     

    何らかの原因で写真のように基礎の下の土砂がなくなっても、湿式柱状改良であれば家が傾くことはありません。

     

    砕石パイルのデメリット

    想像がつくと思いますが、砕石パイルの場合は砂利なのでこうはいきません。

    それが砕石パイルのデメリットです。

     

     

     

    湿式柱状改良のデメリット

    家を解体する時、柱状改良体を引き抜かないといけないのでコストが高い。

     

    砕石パイルのメリット

    砕石パイルは、天然の石を使っているので、家を解体するとしても、地中にそのまま置いておいても大丈夫です。また、工事の費用も湿式柱状改良よりも安く済みます。

    これが砕石パイルのメリットです。

     

     

     

    他にもたくさんのメリットデメリットがありますので、工法の選択に困った時はいつでもご相談ください。

     

     

     

    ↓記事に関するお問い合わせはこちらまで↓

    http://sekiguchi-k.jp/form

     

    ↓お電話でのお問い合わせはこちらまで↓

    関口建設(株)

    088-623-5113

    営業時間:8:00〜17:00

    定休日:日曜日・祝日

     

    ↓関口建設へのアクセスはこちら↓

    https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%96%A2%E5%8F%A3%E5%BB%BA%E8%A8%AD%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89/@34.067907,134.5698233,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x35536d13bb4702b1:0x226ead4f3f46128b!8m2!3d34.067907!4d134.572012?hl=ja&authuser=0

     

    ↓関口建設ホームページ↓

    http://sekiguchi-k.jp/

     

    ↓1月26日〜27日に見学会を予定しております↓

    http://blog.sekiguchi-k.jp/

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM