解体工事が始まりました!

0

    建て替えのための既存建物の解体工事が始まりました。

     

    解体工事は、分別しながらの作業になるので結構手間がかかります。

    20年ぐらい前までは、ぜんぜん分別してなかったんですけど(^_^;)

    今はすごく厳しく徹底的に分別します。

    環境のことを考えると当然ですよね。

     

     

     

    この解体工事は、徳島県がすすめる木造住宅耐震化促進事業の補助対象の工事で、30万円の補助金を受けて行ってます。

     

     

     

    ↓記事に関するお問い合わせはこちらまで↓

    http://sekiguchi-k.jp/form

     

    ↓お電話でのお問い合わせはこちらまで↓

    関口建設(株)

    088-623-5113

    営業時間:8:00〜17:00

    定休日:日曜日・祝日

     

    ↓関口建設へのアクセスはこちら↓

    https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%96%A2%E5%8F%A3%E5%BB%BA%E8%A8%AD%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89/@34.067907,134.5698233,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x35536d13bb4702b1:0x226ead4f3f46128b!8m2!3d34.067907!4d134.572012?hl=ja&authuser=0

     

    ↓関口建設ホームページ↓

    http://sekiguchi-k.jp/

     

    ↓見学会などのイベント情報はこちら↓

    http://blog.sekiguchi-k.jp/


    屋根ルーフィング張り

    0

      屋根のルーフィング張り。

       

       

       

      今回の屋根材は、ガルバニウム鋼板立平葺き。

      屋根勾配はお客さまのご要望と外壁の納まりの都合で“1寸”と、かなりの緩勾配。

      屋根勾配の詳しい説明はまたの機会にしますが、

      数字が小さいほど勾配が緩く、普通の瓦葺き屋根でだいたい4〜5寸勾配です。

       

      仕上げの屋根材によって、できる勾配が決まってて、ガルバニウム鋼板の立平葺きとか瓦棒葺きとか折板葺きであれば緩い屋根勾配にすることが可能です。

       

      とはいえ、屋根勾配は緩ければ緩いほど雨漏りの危険性が高まります。

      デザイン的にはカッコいいですけどね。

       

      で、こんな場合は少しでも雨仕舞いを良くしようと、普段はステープル(ホッチキスのこと)で留め付けているルーフィング(屋根の防水用の下張り)をのり張りのものを使います。

       

       

      これがなかなか大変でして(^^;

      ステープル留めであれば、一人でできる作業が、のり張りの場合は2〜3人必要になります。

       

      でも、これでステープルの穴を気にせずいけるので安心です。

       

      ルーフィング張りのときには、その他にも、外壁の下地に張る透湿防水シートと防水層が連続するように、透湿防水シートをルーフィングの下にすけ込んだり、細かなところに気をつけた納まりにしてます。

      雨漏りさせたくないですからね(^^)

       

       

       

      何事も下地が丁寧にしっかりできてれば、仕上げも上手く納まります。

       

       

      ↓記事に関するお問い合わせはこちらまで↓

      http://sekiguchi-k.jp/form

       

      ↓お電話でのお問い合わせはこちらまで↓

      関口建設(株)

      088-623-5113

      営業時間:8:00〜17:00

      定休日:日曜日・祝日

       

      ↓関口建設へのアクセスはこちら↓

      https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%96%A2%E5%8F%A3%E5%BB%BA%E8%A8%AD%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89/@34.067907,134.5698233,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x35536d13bb4702b1:0x226ead4f3f46128b!8m2!3d34.067907!4d134.572012?hl=ja&authuser=0

       

      ↓関口建設ホームページ↓

      http://sekiguchi-k.jp/

       

      ↓見学会などのイベント情報はこちら↓

      http://blog.sekiguchi-k.jp/


      クリスマスツリー

      0

        徳島市の万代中央ふ頭で、クリスマスツリーを立てるためのアンカーを打ち込んできました。

         

        ↓記事に関するお問い合わせはこちらまで↓

        http://sekiguchi-k.jp/form

         

        ↓お電話でのお問い合わせはこちらまで↓

        関口建設(株)

        088-623-5113

        営業時間:8:00〜17:00

        定休日:日曜日・祝日

         

        ↓関口建設へのアクセスはこちら↓

        https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%96%A2%E5%8F%A3%E5%BB%BA%E8%A8%AD%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89/@34.067907,134.5698233,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x35536d13bb4702b1:0x226ead4f3f46128b!8m2!3d34.067907!4d134.572012?hl=ja&authuser=0

         

        ↓関口建設ホームページ↓

        http://sekiguchi-k.jp/

         

        ↓見学会などのイベント情報はこちら↓

        http://blog.sekiguchi-k.jp/


        床下排水配管の勾配

        0

          床下の排水配管の勾配

           

          排水配管は、その配管の太さによって勾配が決まってます。

          勾配が緩すぎると配管が詰まる原因になるのは誰もが想像つくことと思いますが、逆に勾配がキツすぎると、水気ばかりが先に流れてう◯こが流れずに配管の中に取り残こされてしまいます。

          最近は、とくに節水型トイレが主流になっているので、そのあたりは今まで以上に気をつけなければならないポイント。

          あと、住み始めた後も床下に入れるようにしておかないと、メンテナンスのときに困るので、勾配をとっていく中であまり配管の高さが上がりすぎないように設計する時から気をつけておかないといけないですね。

           

          ↓記事に関するお問い合わせはこちらまで↓

          http://sekiguchi-k.jp/form

           

          ↓お電話でのお問い合わせはこちらまで↓

          関口建設(株)

          088-623-5113

          営業時間:8:00〜17:00

          定休日:日曜日・祝日

           

          ↓関口建設へのアクセスはこちら↓

          https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%96%A2%E5%8F%A3%E5%BB%BA%E8%A8%AD%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89/@34.067907,134.5698233,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x35536d13bb4702b1:0x226ead4f3f46128b!8m2!3d34.067907!4d134.572012?hl=ja&authuser=0

           

          ↓関口建設ホームページ↓

          http://sekiguchi-k.jp/

           

          ↓見学会などのイベント情報はこちら↓

          http://blog.sekiguchi-k.jp/


          手すり取り付け バリアーフリー工事

          0

            足腰が弱ってきたので手すりを取り付けて欲しいとのことで、トイレとお風呂に手すりを取り付けました。

             

            手すりの取り付けは、基本的な位置が決まっていますが、使う方の身長とかに合わせて微調整します。

            手すりの素材はステンレスですが、握った時にヒヤッとしないように樹脂でコーティングしていて、握る時に滑りにくいようにくぼみ加工を施したディンプルタイプを使用しています。

             

            トイレは、手すりを取り付ける下地がちょうどいい位置にいないことがほとんどなので、写真のように手すり取り付け用の幕板を柱に向かって取り付けて、その上から手すりを取り付けます。

            手すりを不適切な方法で取り付けて、後々使用している時に外れてしまったらとても危険です。手すりは、使用する時に大きな力がかかるので、柱などしっかりとした下地に適切な長さや太さのビスで留めつけることが大切です。

             

            ↓記事に関するお問い合わせはこちらまで↓

            http://sekiguchi-k.jp/form

             

            ↓お電話でのお問い合わせはこちらまで↓

            関口建設(株)

            088-623-5113

            営業時間:8:00〜17:00

            定休日:日曜日・祝日

             

            ↓関口建設へのアクセスはこちら↓

            https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%96%A2%E5%8F%A3%E5%BB%BA%E8%A8%AD%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89/@34.067907,134.5698233,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x35536d13bb4702b1:0x226ead4f3f46128b!8m2!3d34.067907!4d134.572012?hl=ja&authuser=0

             

            ↓関口建設ホームページ↓

            http://sekiguchi-k.jp/

             

            ↓見学会などのイベント情報はこちら↓

            http://blog.sekiguchi-k.jp/


            家具プレゼント企画 終了しました。

            0

              関口建設創業20周年を記念して行っていた家具プレゼント企画

              予定していた3組様のご成約が決まりましたので終了いたします。

              ありがとうございました。

               

              関口建設(株)ホームページ

              http://sekiguchi-k.jp/index.html

               

               

               


              コンクリート打設 N様邸新築工事

              0

                基礎の立上り部分のコンクリート打設

                 

                アンカーボルトの設置位置確認

                 

                埋め込み深さ20センチでいけるアンカーボルトですが、深目の35センチにしてます。


                雨漏り修理

                0

                  今年の台風で雨漏りしたと相談を受け、修理してきました。

                  屋根に上がって見てみると、屋根の一番頂点の棟部分の面戸(瓦同士の隙間)の漆喰がボロボロになってました。

                   

                  まだ10年も経っていないのに、

                  風当たりがひどいのか、元の施工が悪いのか、、、

                   

                  今回は、漆喰を使う湿式工法ではなく、防水シートを使う乾式工法で施工しました。

                   

                  1日で完了しました。


                  耐震改修工事の完了検査 S様邸

                  0

                    7月末から進めていた、S様邸の耐震改修工事も終わり、完了検査を受けました。

                    お施主様が住みながら進めることの多い耐震改修は、家全体を補強するので、お客様と相談しながら工事していきます。ですので、普通の工事と比べて結構時間がかかります。今回のS様邸も2ヶ月半もかかってしまいました。

                     

                    検査は問題なく合格!

                    S様もこれで何の問題もなく補助金が受け取れます。

                     

                    耐震改修工事をする際は、壁や天井、床など、実際にめくってみないと中がどうなっているか分からないことが多いです。

                    ですから、しっかりとした事前調査、それを踏まえた耐震設計、経験を生かした見積り、これら3つのポイントをちゃんと押さえられる工務店に依頼しないと、後々多額の追加工事が発生してしまうだけでなく、最初に申請していた補助金も受け取れなくなることもありますので、ご注意ください。


                    末広店舗様 最終仕上げ

                    0

                      8月末からかかっていた、店舗の改装工事も残すところ塗装の最終仕上げだけになりました。

                       

                      あとは、美装して完了です。

                      美装は、工事の汚れだけでなく、今までお店を営業してきて積み重なった汚れもお掃除します。

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM