蛇口からの水漏れ修理

0

    関口です(^^)

     

    築10年ほど経つお家で

    蛇口からの水漏れを修理してきました。

     

    もともと関口建設で建てていただいた家ではないのですが、

    建てた工務店が対応できないとのことで、弊社にご相談いただきました。

     

     

    舶来物の水栓(蛇口)だったので、

    原因を調べるのにかなり手間取りましたが、なんとか直せてよかったです。

     

     

     

     


    ウッドデッキの組立て準備

    0

      関口です(^^)

       

      最近、暖かい日が多くなり、外の作業がしやすい季節になってきました。

       

      今日は、大工さんがウッドデッキ材を加工しました。

       

       

      ウッドデッキは、組立てする前に、

      ウッドデッキ材の

      加工塗装をします。

       

      組立てた後に塗装すると・・・

      木と木が重なって塗れない!とか、

      木と木の隙間が狭くて塗れない!など

      塗装できない部分ができてしまうので、組立て前に塗装します!

       

      加工は、表面のささくれなどを平滑にしたり、

      角を丸くして触り心地をよくしていきます。

       

      塗装は、コーディネートするために色を付けるというよりも、

      長持ちさせる(防腐、防カビ、防藻、撥水、耐候、耐紫外線)ために塗る

      というのが主な目的です。

       

      多少の費用はかかりますが、

      塗装しておいた方が長持ちするので結果的に安くつくと思います。

       

      ウッドデッキを取り付ける場合は、ぜひ塗装してくださいね(^^)

       


      土地の売買契約

      0

        関口です(^^)

         

        今日は、土地の売買契約に立ち会ってきました。

         

         

        今回も仲介物件です。

         

        不動産屋さんの宅建士の方が、売主さん、買主さん、双方に対して

        契約書と重要事項説明書の読み合わせをし、署名捺印して契約成立となります。

         

        土地の契約は、事前に契約書と重要事項説明書のコピーを送ってもらいます。

         

        大きな買い物ですから

        内容をしっかりと確認し、すり合わせをしてから、契約当日に備えています!

         

         

        現在、その土地は月極駐車場として利用されているため、

        駐車場の利用者の退去に時間がかかるということで、

        土地の引き渡し日は、7月上旬の予定となりました。

         

         

         

         


        キッチンの取り付け

        0

          関口です(^^)

           

          G様邸にいよいよキッチンが入ってきました!

           

          職人さんが取り付けていきます↓

           

          新型コロナウイルスの影響で、

          最近までIHクッキングヒーターと食洗機の入荷がストップしてましたが、

          徐々に復帰しているようで、G様邸は予定通り入荷しました。

           

          間に合って良かった!!

           

           

           


          完成間近!

          0

            スタッフNです。

             

            G邸を見に行ってきました。

             

            左官屋さんが内部の珪藻土を塗っていたので、外からの見学です。

            足場払いも終えて、もうすぐ完成。

             

            丸い瓦↓じぃ〜っと見ていると何だかおいしそうに見えてくる(笑)

            デザインの形状からS形瓦と呼ばれています。

            かわいいですよね!

            G様のイメージ通りの家になったかな〜!?・・・なってると思います。

             

            工事もここまでくると「早く住みたい!」と思うのが建て主様の心情ですね!

             

            たくさんの職人さんや業者さんが関わって、

            お客様の想いをゼロから平面(2次元)に→平面から立体(3次元)に仕上げていく家。

             

            私たち創る側も、早く完成した姿が見たいです!

            (大切に育てたヒナの巣立ちを見守る感じ?かな!?)

             

            甘々になりすぎずに、ナチュラルかわいく仕上がる予定!

            楽しみです!

             

             


            定期点検

            0

              関口です(^^)

               

              お客さまのところに定期点検に行ってきました。

               

               

               

              特に問題は見当たりませんでした。

               

              お風呂の掃除について相談を受けたので、

              今回は、お掃除の方法と、キレイに保つコツをお伝えしてきました。

               

               

               


              耐震診断の窓口

              0

                今年度4回目の耐震診断に行ってきました。

                 

                今回の耐震診断は、徳島県建築士事務所協会から依頼を受けて行ってきました。

                 

                2回に渡り増築を行っている築60年を超える建屋でした↓

                 

                自分の家は、地震が来ても大丈夫だろうか?

                そう思ったときに相談する窓口は4つあります。 

                 |楼茲旅務店や設計事務所

                 ¬鮟

                 F租膰建築士会

                 て租膰建築士事務所協会

                 

                ,旅務店に相談に行った場合は、その工務店の建築士が耐震診断に来ますが、

                それ以外は全て徳島県建築士事務所協会に回って、そこから依頼を出します。

                 

                今回は建築士事務所協会から依頼があったので、◆銑い里い困譴でした。

                 

                ◆銑い蓮△匹海侶築士さんが来るか分からないので、

                お抱えの工務店がある場合は、そちらに相談してみてくださいね。

                 

                 

                 


                N様邸の打ち合わせ

                0

                  関口です(^^)

                   

                  今日のN様邸の打ち合わせは長丁場となりました。

                   

                  今回は、平面計画の最終確認&各所の仕上げについて。

                   

                  最初は、カタログや小さなサンプル帳で話を進めます↓

                  今後、打合せを重ねながらイメージをつめていきます。

                  大きさや面積が変わると受ける印象や見た目が変わるため、

                  最終的は実物サンプルや大きめのサンプルを取り寄せて確認していきます。

                   

                   

                  N様ご夫婦とは、お昼もご一緒させていただきました。

                  今日のお昼は、近所の「魚や」さんに。

                   

                  私が注文した、サバの開き定食のサバが大きさにビックリ!!

                  半身を食べかねました。

                  魚やのサバの開き定食は、要注意です。

                  残り半身は、家に持って帰って晩ご飯で食べましたよ。

                   

                   

                  お腹いっぱいになったところで、

                  午後からN様ご夫婦と一緒に建築中の現場を見に行き、外観の確認をしました。

                   

                   

                   


                  シロアリ被害の修理

                  0

                    関口です(^^)

                     

                    お客さまのところにドアの修理に行ってきました。

                     

                    事務所の応接室のドア枠がシロアリ被害にあったようで、

                    ドアが外れてしまいました↓

                     

                     

                    輸入材が使われている部分だけキレイに食べられていました↓

                    やっぱり、輸入材はシロアリに弱いですね(^^;)

                     

                     

                    今回は、既存の木枠の内側に、既製品のドア枠セットを取り付けました。

                     

                     

                    修理完了です!

                     

                     


                    浄化槽の設置

                    0

                      関口です(^^)

                       

                      G様邸、足場解体ができたので、いよいよ外回りの工事にかかりました。

                       

                      今日は、浄化槽の設置です。

                      徳島市は、下水道の普及が遅れていて、

                      まだまだ浄化槽を設置するお家が多いです。

                       

                      浄化槽を設置するには、深さ2メートルくらい掘削します。

                      道路のアスファルト舗装は、

                      ユンボのキャタピラでコネてしまうとすぐに傷めてしまうので、

                      コンパネなどで養生して作業します。

                       

                       

                      お家の規模によって、浄化槽の大きさも変わります。

                       

                      一般の住宅の場合は、

                      延べ床面積が、

                       

                      130平米未満は5人槽

                      130平米以上は7人槽

                      二世帯住宅は10人槽

                       

                      と決まっています。

                      (G邸は、7人槽)

                       

                       

                      もちろん、大きさ(人槽)が大きいほど値段も高くなります。

                       

                      浄化槽の大きさは、「大は小を兼ねる」ということはなく、

                      住む人数に合わせた大きさにすることが金銭的にも環境保護的にもベストです。

                       

                      しかし、住む人数が変わったからといって

                      安易に浄化槽を入れ替えることができないので、

                      家の大きさに合わせて浄化槽の大きさを決めるという基準になっているんですね。

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM